世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー

世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらーのレビュー


 

どうも、管理人のMASAです。

 

前回から少し時間の空いた投稿となりますが

今回は(株)e-FLAGSさんが新たにリリースした

せどり教材のサヤ取りシリーズ第3弾、

世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー

の検証依頼を受けましたのでレビューしていきます↓↓

 

世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー

世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー 評判

(株)e-FLAGS、楠山高広

 

 

まず最初に、こういったツールは

“このツールを利用すれば誰でも簡単に稼げます”

“知識、経験がなくても利益を簡単に出せます”

 

といった感じで“簡単に稼げる”ということを匂わせ

実際には対して稼げないということも少なくないので

教材のレター内に記載されている

 

世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー 評判

 

という言葉。

この言葉には少なからず不信感を抱きました。

 

 

今回の世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー

グローバルという名前からもわかるように

世界7カ国のAMAZONに対応し

価格差による高利益商品を隅々まで網羅し攻略できる

ツールとなっています。

 

 

要するに、転売ビジネスをグローバル化して稼ぐ

という趣旨なわけですが

私は転売ビジネスに関してはグローバル化することに

全く持ってメリットを感じません。

 

誤解を招かないためにも一応補足しておきますが

「国外で勝負してはいけない」

という事を言っているわけではありません。

 

 

当然、マーケットの広さという点で考えれば

国内だけで行うより世界へ出たほうが

圧倒的に有利な事は確かです。

 

ですが、

 

「ライバルの多い国内での転売より、

 輸入出ビジネスの方がライバルが少なく勝ちやすいだろう」

 

といった安易な考えで取り組む人が多いせいなのか

次に挙げるようなリスク面に目を向けない方が多く

始めてすぐに挫折するという事例がよくあります…

 

 

購入者との取引上のトラブル

国内と比べるとリスクが大きい

言葉の問題

 

世界中のマーケットでの取引なので

国内でやるのとは全く別物だと考えた方がいいでしょう。

 

 

具体的な機能や動作は

レターに具体的に記載されていますので

ここでは省略させて頂きます。

 

教材の内容はしっかり作り込まれてはいるので

転売ビジネスをグローバル化したいという方は

購入してもいいかと思いますが

 

先に挙げたようなリスク面を回避できるのか

一度よく考えてた上で決断されることをお勧めします。

 

 

どの教材にも言えることですが、

購入前に不安な点などがございましたら

必ず購入前にお問い合わせ下さいますようお願いします。

 

メールでのお問い合わせはコチラ

 

 

※同時に当サイトにて取り上げてほしい、商材やテーマなどが

 ある場合はご連絡いただければ順にご紹介して参ります。

 

 

 

年収1000万円プロジェクト 公式メールマガジンに登録する

 

管理人オリジナル無料レポート配布中
 管理人オリジナル無料レポート

 

 

MASA

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2013年2月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ネットビジネス

投稿コメント一覧

コメントをどうぞ

このページの先頭へ